会社が倒産し、余儀なく転職活動をすることになったら

働いている会社が、万が一の事態になってしまった時のことを考えたことがありますか。万が一の事態とは一体どのような事態のことを指すのでしょうか。例えば転職する気がなくても、会社の都合で転職を余儀なくすることになってしまうという場合です。リストラということを考える人もいるかもしれませんが、そのようなものではなく、会社が倒産してしまったという場合です。このような緊急事態に巻き込まれた時、どうすれば良いのでしょうか。突然の事態でパニックになる人が多くいると思います。今回は、こんな緊急事態になったとしても、慌てず落ち着いて対処出来る方法を考えていきましょう。

会社が倒産になって確認すること

会社が倒産といっても、具体的にどうなっているかを確認しなければいけません。倒産には、破産と会社更生の2種類があります。この2種類の状態では、状況が異なってくるからです。もし、今の会社が倒産するといわれた場合、どのような状況なのかを確認しましょう。破産は、その名の通り、債権者にお金が払えなくなり返さなくても良いよう破産手続きをするというものです。この場合だと、勤めていた会社自体がなくなります。その一方で会社更生は意味が異なります。こちらの会社更生は、会社が現段階では破産になってしまう状況ではありますが、ここから自主再建するために、一度更生会社として活動をするというものです。この更生会社としてめどがたつと、元の会社に戻ります。この場合は、リストラなどがあっても、後々回復して元気になるという可能性もあります。リストラした人にも、会社が立ち直ったら戻ってきて欲しいと頼まれるかもしれません。しかし、給料がしっかり払える場合があるので、転職をしなくて良いケースでもあるのです。このような点で、倒産といっても意味が違ってくるので自分の会社は一体どちらなのかを見極める必要があります。

焦らない

倒産したからといって、焦って転職活動をしてはいけません。会社がどのような状況なのかを判断し、そこから必要な手続きを経て転職活動をすれば、別に問題ではありません。もちろん、面接の対策などで、今の会社の状況を話すべきかで迷うかもしれませんが、緊急事態なので、話す必要があります。

まとめ

転職をする気がなくても、突然会社の都合で転職活動をしなくてはいけないケースは無いとは言い切れません。しかし、このような状況でも焦らないことが大切です。焦ってしまうと全てをダメにしてしまうからです。そのため、今の会社に緊急事態の出来事が起きたとしても、焦ることなく落ち着いて対応することを心がけるようにしましょう。