企業分析をする時に気をつけておかなければならないこと

転職活動をする際、新卒の就職活動と同じであることをしなければいけません。そのあることとは、企業分析です。多くの人が、この会社に入りたいというところから始めるよりも、こういう仕事がやりたいという思いから始まり、雇用条件を見ながら検討すると思います。しかし、雇用条件を見るだけでは、まだまだ転職活動の情報収集としては甘いということをご存知でしょうか?それだけでは、本当の意味での良い会社を見つけることが難しいと言えるのです。今回は、転職活動をするにあたり、満足のいく企業を見つけるためのコツとは一体何かを考えていきましょう。

企業分析のコツ

それでは、企業分析のコツは、一体どのようなものなのでしょうか。大きく分けてポイントが4つあります。1つ目は、業界での位置、2つ目は会社のビジョンが一致している、3つ目は、ここ数年の業績、4つ目は、離職率等のマイナスな情報です。この4つをしっかり押さえておくことで、企業分析がうまくいくのです。具体的に見ていきましょう。

業界の位置とは、その会社が業界の中でどのような位置で戦っているのか。ということで、業界を引っ張っていくリーター的な存在なのか、それとも、まだまだ新規参入でこれからこの業界で戦っていくのかを見極めることで、会社の規模が見えてきます。また、その業界自体が今後どのような拡大をしていくのか。という将来性を合わせて見ておく必要があります。

会社のビジョンと自分の目標が一致しているかも大切です。完全に一致していなくても、会社のビジョンを知ることで、この会社が一体どのような方向で進んでいくのかを知ることができるからです。このことを把握しておくだけで、会社の目的と自分の目標を一致させるための確認を取ることができます。

業績も大切です。ここ数年業績を伸ばしているのであれば、それだけ勢いのある会社の証拠です。逆に横ばいになっている場合は、この先伸びる可能性もあれば、落ちる可能性もあるという将来どうなるかをある程度把握することができます。

ネガティブな情報を探ることも大切です。ほとんどの会社でネガティブな情報を探すのは難しいことかもしれませんが、マイナスな情報例えば離職率を調べることで、この会社は出入りが激しいのかどうかを知ることが出来るからです。

まとめ

転職活動において、企業分析をしっかり行うことは、ミスマッチの転職をしないためにも大切な作業です。この分析をしっかり行っていないと、場合によっては痛い目に合ってしまう可能性があるのです。分析をしっかり上で、自分にとってプラスになるような会社を見つけましょう。