フリーランスに向いている人、そうでない人の特徴とは

転職をしようと決めるとき、人によっては様々な選択肢を考えます。同じ業界の違う会社へ転職を目指そうとする人、転職する会社を思い切って違う業界へ検討する人など様々です。その中で、思い切ってフリーランスで働こうと考えている人もいるかもしれません。フリーランスは、すべての業種で出来るものではありませんが、特定の仕事であれば可能な選択肢です。個人事業主となって活動をします。仕事を引き受けたり、断ったりするのも自分次第、報酬もすべて自分に入ってきます。時間も好きな時に働き、好きな時に休むことが出来ます。一見すると、フリーランスは自由で裏やしいそう感じられるかもしれません。しかし、そうではなく大変なこともたくさんあるのです。人によっては、フリーランスで働くことをお勧め出来ないそんな人もいるのです。今回は、フリーランスで働くにあたり、向いている人、そうでない人について考えてみましょう。

フリーランスに向いている人

フリーランスに向いている人とは、実際どのような人のことをさすのでしょうか。フリーランスは、自分の人脈が全てというところがあります。新しい仕事先を見つけることも自分でやらなければなりません。リスクも背負います。軌道にのるまでに、様々な困難を乗り越える必要があるのです。そのため、リスクを背負いながらも、自分でやりたい仕事を達成させるその覚悟が必要になってくるのです。つまり、フリーランスに向いている人は、ある程度仕事に自信があり、人脈を持ちビジョンがある人がフリーランスに向いています。そして、フリーランスのメリットとしては、会社外の人脈が広がるということです。思いもよらぬ人脈を獲得することが出来るのです。

フリーランスに向いていない人

フリーランスに向いていない人はどのような人でしょうか。特徴としては、フリーランスはその時の気分で行うことが出来ないのです。そして、自分でリスクを抱えても、仕事で結果を出していかないといけません。フリーランスになると決めた時は良いのですが、軌道に万が一乗らなかった時、心が折れてしまうようなメンタルでは、フリーランスとして活動することは難しいと言えるでしょう。フリーランスに向いていない人は、自分で色々と考えることが出来ず、周りに流されやすい人と言えるでしょう。

まとめ

フリーランスに向いている人、向いていない人では転職後、フリーランスとして働くとしても、成功する/失敗する この2つに大きく分かれてしまうのです。フリーランスで働くこと自体は、立派なことだと思います。しかし、自分の性格をよく見極めておかないと痛い目にあってしまう可能性があるので、しっかり考えたうえで選択することをお勧めします。