転職先の情報収集、ネットだけで満足していませんか

転職先の情報を少しでも多く知りたいと感じるのは、転職活動をしている人全てに当てはまることではないかと思います。ちょっとでも有益な情報をもっておくことで、転職をした後に、本当に転職して良かったとそう感じるからです。しかし、情報収集といっても、ネットでその会社名を叩いて調べる。この作業だけで本当に良いのでしょうか。別のアプローチがあるのではないか、そう思うのではないでしょうか。 実は会社名をネットで調べるだけでは、会社の全てがわかるということではありません。あらゆる角度からその会社について調べる必要があるのです。今回は、あらゆる角度から調べるにあたって何が大切なのかを考えていきましょう。

ホームページ以外で調べる方法

ホームページで会社の情報収集をするだけでなく、他のアプローチは一体どんなものがあるのでしょうか。いくつか方法はあります。1つは、ホームページ以外のネット情報を調べる。2つ目は、その会社のことをよく知る人物から情報を聞き出すことです。この2つについて具体的に見ていきましょう。

ホームページ以外の情報を調べる

インターネットには、会社のホームページだけが会社情報を載せているわけではありません。最近では企業の取り組みに対して賞を与えるという試みをしている動きがあります。たとえば、ホワイト企業を多く知ってもらうために行なわれている、ホワイト企業大賞。ブラック企業は世間で知られているのに、ホワイト企業はあまり認知されていません。そこで、ホワイト企業なるもので、良い会社を知ってもらおうという動きもあります。
また、これだけではありません。厚生労働省が、「今年から働きやすく生産の高い企業、職場表彰」という活動もしています。こういったクリーンなイメージのある企業に対して賞をあげている会社を知るということも大切です。自分が希望している会社が表彰されていたら、より追い風になるのです。

よく知る人から話を聞く

これはよく行われていることですが、人から情報を仕入れることも大切です。その会社で実際働いていたことがある人から話を聞いても構いません。また、転職エージェントから情報を聞き出すことも大切です。百聞は一見にしかずという言葉があるように、このような視点から情報を聞くことで有益な情報を得ることが出来る可能性があります。

まとめ

転職活動をするにあたり、情報を仕入れることは大切な作業の1つと言えます。ここでしっかり情報収集することができたなら、転職活動において怖いものはありません。有益な情報を1つでも多く集めるためにも、あらゆる角度から情報収集をしてみてはいかがでしょうか。