今全世界で起こっているヘイトスピーチの問題から日本の転職事情について考える

ヘイトスピーチは人種や国籍、思考など団体を問わず個人に対して自分と違うものに対して行われる批判的言うことを指し現在、日本のみならず世界中で問題になっているものです。これは少なからず就職活動にも関連が有り、その観点からも問題になっています。そこで今回はヘイトスピーチが転職活動にどんな影響があるのか話していきたいと思います。

生きている以上働くことは必要不可欠

まず人種や国籍、思考など様々なものが違ってもいきている以上、お金稼いで生活するためには働くことが必要不可欠です。そこでヘイトスピーチを行い、自分が批判しているものを排除しようとする動きはあまりに身勝手な行動です。日本のように他国と隣接していない島国は他の国に比べて、確かに他のものを取り込むことに閉鎖的ではあります。しかし人種や国籍、思考が違うからと言って転職活動においてそれらを排除しようという動きは好ましくありません。

批判的な行動からは何も生まれない

結論から言うと批判的な行動からは何も生まれません。たとえ就職活動や転職活動においてライバルを少なくしようと自分と違うものを排除しても、ライバルが排除されたことにはなりません。
まずは他人のことよりも自分がどうすれば転職を成功させられるのかを考える必要があります。

結局企業が求めている人材が転職に成功する

今回は転職活動とヘイトスピーチを結びつけて考えているので、他のことでヘイトスピーチが及ぼす影響は置いておいて、転職活動においては国籍や人種、思考が違うか否かは全く関係ありません。結局は転職が成功することが目的なので、企業が欲しいと思う人材か否かということが大切になります。そのことからも上記で話した通りまずは他人がどうかということよりも自分が企業にとって必要だと思われるか人間か否かということを考えていかなければなりません。

まとめ

ここまで色々話してきましたがヘイトスピーチのように自分とは違うと感じるものを排除していても何も始まりません。世の中というのは自分と違う人や考え方をする人がいて当たり前なのです。まずは他人のことに目を向けるよりも自分が企業にとって必要だと思われる人間なのかということに目を向けて転職活動をしていかなければなりません。