有給休暇を入社した時点から与えるという動きから転職者について考えてみよう

2017年1月26日の政府規制改革促進会議にて有給休暇の制度が見直すべきだということが議論されました。これは転職者の雇用環境と転職者が転職しやすい環境作りをすることが目的で入社したその日から有給が10日間与えられるというもので、今後正式に個性労働省に調整を求めていくそうです。しかしこの有給休暇の制度を改正することは本当に転職者が働きやすい環境作りをしていることになるのでしょうか?そこで今回は転職者のための有給休暇改革について話していきたいと思います。

とは言っても有給の使いにくさ自体は変わらない

もしこの有給休暇改革がなされたら、通常入社から半年で10日与えられる有給休暇が入社初日から与えられることになり、入社して直ぐには気分的に使いにくいものではありますが、冠婚葬祭や病気、怪我などの止む終えない事情があった場合、従来ならどうすることもできませんでしたが即時対応することができます。しかしこの改革がなされたところで結局その会社が有給休暇を使いやすい環境下にあるか否かが大きく左右します。そのことからこの改革がなされたところで働きやすい環境になったとは言い切れません。

自由に使えることがポイントになる

やはり有給休暇制度の改革がなされても使えなかったら改革をした意味はありません。会社のよっては有給休暇を使うのをよしとしない雰囲気の会社もあります。そのことからまずは会社の有給休暇に対しての考え方を改革していく必要があります。

有給休暇の使用ノルマを設ける

ではどうすれば有給休暇に対しての考え方を改革できるのかというとそれは有給休暇の使用ノルマを設けることです。現在、有給休暇は半年ごとに10日間、最大40日まで溜め込むことができます。しかし使いやすい環境作りに務めている会社もありますが現状はまだまだこの考えは浸透しておらず、有給休暇を捨ててしまっているのが現状です。そのことからまずは強制的にでも有給を取らせる制度にするための使用ノルマを設けるなどして改革を進め、各会社に促していく必要があります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたがこの転職者に入社初日から有給休暇を与えていく改革自体は非常に良い動きだと思います。しかし有給休暇を取りやすい環境作りを会社に促していかなければ、結局制度を改革したところで何も変わらないので、まずは各会社に有給休暇を取りやすい環境の為の改革案を提示していく必要があります。