入社したばかりだけど転職したい。新卒者が転職するリスクとその先に待っているものとは?

新卒で企業に採用された人はすぐに内定を勝ち取った人もいれば、中には何十社、何百社と採用試験を受けやっと内定を勝ち取った人もいます。しかしそのような苦労したのにも関わらず、転職を考えている人も少なくはありません。そこで今回はそんな新卒者が転職をすると、どんなことになるのかを話していきます。

まず何で転職をしたいのかを明確にする

まずはどんなことになるかの前に何で転職をしたいのかという理由を考えましょう。何となく自分には合わないからなどの明確ではない理由で転職を考えているのなら次に繋がる転職にはなりません。
転職という目的よりも1つの会社に所属するということはそこで自分が何を出来るのかを考えなくては次も同じように何となくという理由で転職を考えてしまうはずです。このことから転職する際はどうして転職をしたいのかを明確にしておく必要があります。

新卒で入社した会社は一番良い環境の可能性もある

新卒で入社した場合は社会人経験がない人材を採用するということなので学生だったという配慮をして採用しているわけです。そうなるとこれからその人材を育成していくということになるので初めからできなくて当たり前という配慮がされます。それなので転職者に比べて会社では可愛がられながら育てられるので、環境的には良い環境といえます。そのことから自分は他の社員よりもある程度会社に配慮されながら働いているということを把握しておきましょう。

たとえ第2新卒でも経験者扱いされる可能性がある

例えば新卒扱いの間に転職したとしたらどうなるでしょうか?第2新卒者というのは新卒3年目以内の転職者を指します。そうなると当然ある程度社会人経験をしているということになるので、たとえ第2新卒者という括りであっても転職先での考え方は経験者ということになります。そうなってしまうと仕事はある程度できなくてはなりません。そのことから第2新卒者であっても自分が辞めようとしている職場である程度のスキルを身に着けておく必要があります。

まとめ

ここまで色々話してきましたが新卒で転職した際は様々なことに配慮しながら転職しなくてはなりません。新卒という優遇された環境で働いているということや、たとえ新卒であっても社会人経験があるということである程度のスキルがあるという扱いになりかねません。また転職するには何故転職をしたいのかという理由を明確にしておかなければまた何となくの理由で転職を繰り返してしまうかもしれません。