質問力で、あなたの能力をアピールしよう〜相手を印象づける質問とは〜

面接は、転職活動において避けては通れないものです。採用されるためには、この面接を突破しなければ、転職活動を終えたとは言えません。面接で大切なことはいくつかありますが、面接官から聞かれた質問を、的確に答えるだけが、面接ではありません。面接時の質問も、重要な役割を担っているのです。この質問は、とても重要なもので、面接時、相手に的確な質問をすることで相手に印象づけることが可能なのです。しかし、どのような質問をしたら良いのか難しいと考える人もいるかもしれません。そこで、今回は、相手に印象を与える面接での質問の仕方について考えていきましょう。

相手に好印象を与える質問とは

質問をする際、最も大切なのは、相手に好印象を与えることです。これが成功しないと、面接で良い質問をしたということにはなりません。では、どのような質問をすれば良いのでしょうか。人それぞれですが、大切なのは、この会社に対して自分は働きたいという意欲を持っているということです。この姿勢を伝えることが出来れば、質問で好印象を与えることができます。では、具体的にどのようなことを質問すれば良いのでしょうか。例えば、会社の情報をたくさん収集した上で気になったことを質問する。これは、事前に会社をしっかり調べてから今日この場所にいることを説明することが出来るのです。会社側のコアな部分をつけば、より良い印象をあたえられることでしょう。また、キャリアがある程度ある人であれば、自分の今までの仕事経験+αの質問をしても良いでしょう。これを行うことによって、相手に自分はどのようなキャリアを積んできて今この場所にいるのか。ということをアピール出来るからです。このように、質問をしっかりすることで、会社に対する働きたいという意欲、自分を採用することで、どのような能力を発揮することが出来るのか。という2つをアピールすることが出来るのです。このようにして質問をすれば良いのですが、中には間違った考えをしている人もいます。

絶対にやってはいけないこと

質問でやってはいけないことが大きくわけて2つあります。1つは無理やり質問を出そうとすること、そしてもう1つは、この質問は的外れかもしれないから質問をすることをやめようという2つです。1つ目の項目は、質問のための質問です。本当は聞くこともないのに、言っておかないとマイナスになるからと言う質問です。この場合考えられる原因があなた自身、この会社に興味がないということなのです。本当にわからないこと、興味があることがあれば質問として出てくるはずですが、それがないということは、会社自体に興味がないということなのです。そのため、質問を無理に出しても意味がありません。面接前から、これを聞いてやろうという姿勢がないと厳しいのです。そして、もう1つは、的外れでも、質問をしてみることが大切です。たくさん質問をすれば、こいつやる気あるなと思われるからです。積極的な質問も大切です。このようにやってはいけない質問もあることを心得ておきましょう。

まとめ

今回は、面接時の質問について考えてきました。面接時の質問は、方法によっては自分をアピールすることが出来る絶好の場所でもあるのです。しかし、工夫をしないと、ただの無駄な時間となってしまいます。最大限自分をアピールするために、どのような質問をしたら良いかを考えておくと、転職成功へ1歩近くのではないでしょうか。