転職者も後悔する?間違った転職をすると取り返しのつかないことになる中小企業の特徴とは

転職マーケットの中では大きく2つに分けて大企業と中小企業に別れます。そしてその中では大企業よりも中小企業の方が圧倒的な割合のお多くを占めます。その事自体には何の問題もないのですが、多くの企業がひしめいているからこそこの中小企業選びを失敗すると取り返しのつかないことになってしまいます。そこで今回は中小企業の選び方を失敗するとどんなことが待ち受けている企業に転職することになるのかを話していきたいと思います。

年功序列感が非常に強い

まず中小企業は大企業に比べて圧倒的に年功序列制度が根付いている企業が多いです。一昔前は日本の企業全体はこのような形でしたが大企業は現在、完全になくなったとは言い切れませんが年功序列よりも実力主義に変わっており実力があれば色々なことにチャレンジできるようになっています。しかし中小企業の多くはまだまだ年功序列感が抜けていない企業も多く、転職活動の際はこのことを把握しておく必要があります。

会社独自のルールが根付いている

社員を多く抱えると社員一人ひとり、それぞれの意見が飛び交うことになるので会社内のルールはそれに基づき作られていきます。一方、中小企業は会社の創業者や社長が決めたルールが絶対であり、他からの意見を取り入れていないことが多く偏ったルール作りをいつの間にかしていることに繋がり、実際に入社してみると社員の中で当たり前になっているルールに対しても「何だ。これ?」と思ってしまうようなこともしばしあります。

結局個人の意見が反映されない

やはり中小企は創業者や社長の意見が大企業より下の社員まで直接的に降りてくるので、その意見は絶対的なものになります。そうなってしまうと社員一人ひとりの意見が反映されることは少なく、現場の人間と経営者側の人間との意見の不一致が起きやすくなってしまいます。そのことから無駄なことでも経営者側の意見に対して不満を持ちながら飲み込まなくてはならなくなってしまいます。

まとめ

ここまで色々話してきましたが中小企業の選び方を間違えてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます。年功序列感が強いことや経営者側の意見が絶対なので独自のルールが根付いてしまっている可能性が高いです。また社員一人ひとりの意見が反映されることも少なく、そのことも把握しておかなければなりません。