だから転職者が敬遠する?中小企業が転職者に選ばれないその訳とは

転職活動していても分かる通り、企業を住み分けしていくと大企業・中企業・小企業と下に行けば行くほど会社の数は増えていき、大企業と呼ばれるものは一部であることから中小企業が多いのです。しかしそんな数多く存在している中小企業に転職者が流れてきにくいのでしょうか?そこで今回はどうして中小企業に転職者が流れてきにくいのかを話していきたいと思います。

教育制度がしっかりしていなそう

まず中小企業の転職者が中小企業に抱くイメージといえば、大企業よりも教育制度がしっかりしていなそうということです。大企業は社員募集をかければ毎年多くの新入社員が入ってくるので長年の社員教育から無駄のない教育制度が確立されていています。しかし中小企業は大企業に比べ、社員を教育すること自体のノウハウが確立されていない企業が多く、このような会社で働いて自分は成長できるのかという疑問が転職者に付きまとってしまいます。

採用にあたっての人事担当の専門家がいない

次に挙げられるのが採用にあたっての人事担当の専門家がいないことが多いことが挙げられます。まず企業の採用試験を受けるとなると転職者を担当するのは大企業だと人事担当者です。しかし中小企業では企業の部長や課長、あるいは社長であることが多く、やはり人事担当者よりは転職者を扱うことに慣れていません。
そのことから最初の段階で面接などでのやり取りが双方で上手くいかず、例え採用が決まったとしても企業に対しての不安がつきまとい、辞退者が出てしまうケースも少なくはありません。

時代に取り残されている感がある

やはり企業も電化製品や電子機器のように日々進歩していくものです。この進歩に一番敏感なのが大企業であり、歴史のある大企業でも時代背景とともに日々進歩していき時代の最先端を行っているので当然時代背景にマッチしている大企業には多くの人材が集まります。しかし中小企業ではこの最先端なものを取り込むスピードが遅くそれが積み重なり時代に取り残されてしまっている企業も少なくはありません。そのことからも中小企業よりも大企業に転職したいと考えて行動する人が多いのも無理はありません。

まとめ

ここまで色々話してきましたが大企業よりも中小企業が多いのにも関わらず転職者が流れてきにくいのには様々な要因が有ります。教育制度が確立していない企業が多いことや人事の専門家がいないこともその要因の1つです。また時代の波に乗り遅れている企業も多くそのことも転職者が大企業を目指す要因になっています。