転職の理由は、給料と夢ならどっちが大事?

転職活動をする理由は、人それぞれです。家庭の事情でどうしても転職をしなければならず転職活動をする人、自分の夢を達成させるために転職活動をする人、あるいは今の職場より待遇が良い場所を求めて、人間関係が原因で病気になってしまったので仕方なくなど色々なことが考えられます。しかし、転職活動をする上で、この理由があまり重要なものでないことがきっかけで転職をすると、結果としてよくないものになってしまいます。それでは、転職を失敗しないための転職活動とは、一体どのようなものなのでしょうか

お金で転職活動は良くない理由

転職活動をする人の中には、給料がきっかけで転職活動をする人がいます。同じ仕事をするなら、良い雇用条件のもとで働きたいという気持ちは、誰もが持っています。しかし、この雇用条件のみで転職をした場合、理由としてあまり強いものではありません。面接でこのような話をぶつけたら、おそらく難しい顔をされるでしょう。何故なら、転職をしたとしても、雇用条件が良い会社を見つけたらこの人は、また別の会社に転職するのではないか。と思われるからです。また、転職活動をするための理由がしっくりこないと感じられるかもしれません。それだけ、給料だけで転職を考えることは厳しいことと言えます。もちろん、雇用条件を改善させたいという気持ちがまちがっているわけではありません。

目標や、やりたいことを理由に転職するメリット

それでは、自分の目標や、やりたいことをきっかけとして転職することのメリットについて考えていきましょう。こちらの場合は、自分の中でやりたい仕事がはっきりしている場合、面接官にその気持ちをぶつけることが出来ます。多少質問で厳しいことを指摘されるようなことがあったとしても、それに対するコメントの切り返しがそれほど苦しいものがなくなるのです。また、転職先仕事をした時に、少しの理由で転職しようと考えなくなります。このように、転職をする時のメリットとして、目標ややりたいことを前に出すと、転職活動中、転職活動後、自分にとって多少辛いことがあっても頑張れるといったことがあるのです。もちろん、この理由だけが正解というわけではありません。

まとめ

転職活動に取り組むための理由は、人それぞれです。様々な理由から転職活動をする人が多いでしょう。転職活動で最も大切なことが、何で転職をするのか。ということです。この理由がよほど酷いものでなく、その場しのぎのものでなければきっと良いものとなるでしょう。給料だけにとらわれず、自分の目標を持った上で転職活動をするように心がけましょう。